取扱樹脂・製品紹介

多様化するニーズに合わせ、高品質・高精度な技術で対応致します。

1983年、熱硬化性樹脂の成形からスタートしたセイプラは、そのノウハウや技術を活かし成長してまいりました。

1997年頃から、熱可塑性樹脂成形も手がけるようになり、現在では、多種多様な製品を生産しています。

BMC成型/コンプレッション成形や、成型品への塗装・シルク印刷・組み立てなどの二次加工も承っております。


樹脂成型でお困りごとがございましたら、セイプラにご相談ください。

 

熱可塑性樹脂製品


熱可塑性樹脂とは

加熱すると軟化し流動性を持つようになるプラスチックのことで、

私たちの身の回りにある多くの製品が、この熱可塑性樹脂で作られています。


特徴は成形時間が短く、低コストで生産できることです。

また、一度成形したものでも再度、熱を加えれば溶けるためリサイクルに適していることが挙げられます。


熱可塑性樹脂は熱を用いた可逆的な変形が可能という特徴を活かし、量産性が高い加工プロセスが開発され、

幅広い分野の製品が開発されています。


セイプラでは、熱可塑性樹脂成型は24時間体制で生産しております。

お客様に満足をお届けすることを第一に、様々なご要望に対応させて頂きます。

OA機器部品

PC周辺機器やOA機器部品

精密機械部品

精密基盤ケース

電磁コイル関係部品

電磁コイルのボビン

〈熱可塑性〉対応可能樹脂

  • ナイロン/ポリアミド(PA)
  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリアセタール(POM)
  • ポリエチレン(PE)
  • ポリカーボネート(PC)
  • ポリスチレン(PS)

  • ポリプチレンテレフタレート(PBT)
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)
  • ポリフェニレンスルファイド(PPS)
  • アクリロニトリル・ブタヂェン・スチレン樹脂(ABS)
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
  • プラスチックマグネット    

など        

 

熱硬化性樹脂製品


熱硬化性樹脂は、

電気部品・日用品材料として、熱可塑性樹脂に先行して使用されてきました。

一度硬化すると加熱しても軟らかくならない性質を持ち、

  • 耐熱性
  • 機械的強度
  • 電気的特性
  • 耐溶剤性
などに優れているといった特徴があります。熱可塑性樹脂に比べて生産量は小さいものの、

その物性が着目され、独自の利用分野を確立しています。


金属切削品やダイキャスト部品などと置き換えることで、大量生産が可能になり、コストダウンや軽量化が見込めます。

現在では射出成形機の他にも、BMC成形機を保有しており、様々なインサート成形に対応可能です。


1987年創業時から培ってきた熱硬化性樹脂成型技術がセイプラの強みです。

自動車関連部品

自動車のキャブレター内部機構

電気関係部品

端子板や電磁弁、コンセント周りなど

インサート成型例
BMC成型機を使用することにより、

インサート成型できるものの幅が広がります。

〈熱硬化性〉対応可能樹脂

  • フェノール樹脂(PE)
  • ユリア樹脂(UF)
  • メラミン樹脂(MF)

    • 不飽和ポリエステル樹脂(UP)
    • ジアリルフタレート(PDAP)
    • エポキシ樹脂(EP)

    など